むねちゃんのお部屋

大阪在住の2児の母です。鬼ごっこで遊びながら社会をより良くするプロジェクトを運営しています。読書の備忘録をも。

カテゴリ:本の紹介。 > 本の本

これからのまちの本屋と書店員魂。

書店勤務を経験したのち、田舎にある実家の本屋を継いだ田口さん。
地域の社交場として親しまれたその場所も、経営が成り立たなくなりお店を閉めることに。
それでもまだ、書店員として書店の最前線に身を置くことを決意する。

舞台は岩手県盛岡にある、さわや書店フェザン店。
この書店の特徴は、「売れる本を生み出す」ということ。
売れている本を売るのではなく、価値ある本を掘り起し、地域のお客さまに提案していく。
お客さまがいいと思えば、口コミで広がり、店頭でも猛プッシュ。

書店員とお客さまが密接に連携して、本屋を作り上げているといった感じです!
こんな本屋さんがもっと増えていくと地域は活性化し、まちの本屋は残っていくに違いないと思いました。

以下、ポイントをまとめます。

本屋は、本と、情報と、そして人が絶え間なく集う場所なのだ。その空間をどう使うか、まだまだ大きな可能性が詰まっていると思う。

「うちは一〇〇〇坪の店じゃない。この坪数の中で、これをいつ売るか、ということを考えながらやっていかないと、自分が枯渇するんだよ」
(中略)伊藤さんは本には“旬”があるといつも語っていました。新刊だから旬だというわけではない。古い本でも旬がやってくる。そのタイミングで、いかにお客さまに提案できるか。それが書店員には問われるのだ、と。

お客様と、とにかくコミュニケーションを交わす人でした。お店にいるときは、ずっとお客様と話していました。

大事なことは、すでに売れている本を仕入れることではなく、売れる本を自分たちでどうつくっていくか、ということです。その店の中できちんとしたプロセスを踏んでいないと、実は本当には売れていかないのです。

POPの書き方も、他の本屋と違わないといけない。単なる感想を書いてもいけない。その一冊が、さわや書店フェザン店で買うと違う一冊に見える、というようなPOPの書き方をしたい。

自分たちの満足のためにやるのではありません。あくまでも、お客さまのため。したがって、「この本をお勧めするのは本当に今なのか」ということを、理解していなければいけません。もっと言えば、店にやってくるお客さまのことを、きちんとわかっていないといけない、ということです。

お客さまがどんなものを必要としているのかを想像して、そこにたどり着くまでの道筋を何通りもつくるのが、本屋の面白さだと思っています。出会うのはお客さま。近づきすぎないようにする。お客さまと本との出会いのお手伝いを、たとえ一冊でもできれば幸い、という考え方です。

売った本の数だけ、何かが起きるかもしれないという想像力を持って仕事ができるかどうか。
 
「迷ったら返品の山に聞け」

かつての出版社の営業の方は、自社の本だけではなく、他社の本の話をされる方も多くいました。自社の本を売るために、他社の本とどう組み合わせて展開するのがよいかを夜通し教えていただいたこともあります。(中略)こうした営業の方からの情報が自店に売り上げをもたらしてくれるという側面を忘れてはいけません。

僕は、大事なのは「売らされる」のではなく「売る」ことだと思っています。その意識の転換にかかっています。

「本屋という場は、きょういくときょうようの場だよ」と。
「(中略)僕たちが目指さないといけないのは“今日行く”と“今日用”。今日、そこに行く場として存在すること。それから、今日用がある場であること。行くところをつくることと、用があるところをつくること」

地域の中でどういう役割を担っていきたいか、地域のためにどれだけのことができるか。本を介して、どんなことを地域に提供できるのか・・・・・・。

書店経営には、間違いなく外商が必要なのです。

本屋の危ないところは、本屋としての理想を掲げたくなることです。本屋の人間が本屋の理想を語り始めたときに、本屋の危機は始まると僕は思っています。
それはあくまで、自分たちの話にすぎません。

儲けようという気持ちもそうですし、価値を押し付けようとするのも同じです。本屋としての価値を世の中に訴えたい、という気持ちが強すぎると、相手の引かれてしまう。

このブログの本の紹介も「今だから、この本!」というタイミングで紹介できるようになりたいと思いました。
そのためには、もっとたくさんの本と出会っていかなければ!

本屋が好きな人、本屋の未来について考えたい人は、ぜひ読んでみてください。
もちろん、書店員さんにはすごくオススメです!


普通の本屋さんにはなかなか置いていない知られざる本の数々。

日本には小さな出版社がけっこうあります。
地方独自の文化を届ける出版社、写真集や美術関連に強い出版社、哲学書をつくる出版社・・・etc

個性豊かな出版社のつくる本は、また個性的!
私もこの雑誌に出てくる出版社&本屋さんみたいに、ほかのどこにも真似できないオンリーワンな本屋さんになりたいです(*´∇`*)

続きを読む

今日ご紹介する『頭は「本の読み方」で磨かれる』は、茂木健一郎さんの独自の読書論を繰り広げながら、「本の選び方」「味わい方」「実践へのつなげ方」をわかりやすく教えてくれています。

多読や乱読を進めている一方で、1日10ページからでも読書の習慣を身に付けようという懐の深い語り口は、普段本を読まない人にとっても素直に受け止められる言葉ばかり。

本書のさらなる魅力は、茂木さんのオススメ本の紹介。普段なかなか手に取らない古典と呼ばれる名作の数々を紹介しています。
 
本書を読むだけでも、それらが「名作」と言われる所以がわかるばずです。

続きを読む

このページのトップヘ