子どもの頃は引っ込み思案でいじめられっこ。
そんな著者が、子どもの頃の「好き」を大切し
学生時代のパリコレ進出という夢を叶えるまでの成功ストーリーが
一冊の漫画エッセイ本のなりました!


先日、名言タクシーで有名なまことさんにオススメしてもらった本です


著者のLICAさんは、学生時代、
松下幸之助さんやナポレオン・ヒル博士、カーネギーさんといった
世界や日本を代表する自己啓発本をたくさん読み
その成功哲学を学び続けていました。

そこで、学んだのは、
「真実」は決まっているわけではなく、「自分が信じていること」「設定したこと」が「真実」になる
ということ。
だから、まず、
「成功する自分」を「設定」した
んだそう。
私は、デザイナーになる。
私は、デザイナーとして成功して、活躍できる。
私は、デザイナーとして有名になれる。
そうやって、無名の時代から
ずっと自分の可能性を信じ切っていたからこそ、
LICAさんはわずか5年で世界で活躍することができたんですね


もちろん、すべてが順風満帆なわけではなく、いろいろな試練がやってきます。
ただし、どんな困難が立ちはだかっても、成功者と自分を重ね合わせて

あのシャネルでさえ
大きな挫折のあとで必ず成功してる…

私…今まさにドン底で最悪じゃん
でも…彼女 ここではい上がっているから―――…

やった…私 これからぐんぐん行けるで!!

とすべてをポジティブに捉えていました。

私たちも目の前の困難も躍進のチャンス!
そう捉えて、まったくめげずに前進あるのみなんですよね


本書の最後には、思い込み(ビリーフ)外しのワークの方法が載っています。
これがとってもオススメです!

身の回りの人間関係は、自分の「思い込み(ビイーフ)」をそのまま反映しています。

…(中略)このしくみを理解できると、一見トラブルに見える出来事が起きても、「新しい現実を創るチャンス」だと気づけるので、瞬間瞬間が楽しくパワフルになっていきます。
自分がどんな思い込みをしているのか、それに気づくためのプロセスを次のページのワークで紹介しているので、ぜひ役立ててくださいね。
とコメントしてくださっています。

日常生活でモヤモヤっとした感情が湧いてきたときに、
感情が湧いてきた状況
その時の気持ち
なぜその気持ちになったのか
どんどん自分の気持ちを掘り下げて、ノートに書いていきます。

すると、不思議なことに、
表面上の感情(イライラや不安)は、もっと深い感情や想い、
最後には自分の強い思い込みに繋がっていたことに気づけるんです!!

私自身は、自分はこんな感情を持っていたなんて!と驚き、
それと同時に、そんな自分の弱さを認めることができました
そして、自分は何を信じればいいのか、までクリアになっていきました

すごく簡単なワークですが、効果は絶大。

目の前の人への怒りや不安、苛立ちは
自分の思い込みを取り外すための気づきのチャンスである
ということが、ストンっと腑に落ちました!

ぜひ、この本を買って、ワークを試してみてくださいね