パソコンのメールボックスを開くと、何十通もの宣伝メールが届いていて嫌気が差すことがありますよね?
私も毎日毎日そのメールをゴミ箱に捨てる作業が面倒で仕方ありません。
でも、中には必ずチェックしてしまうメールが1通はあるんじゃないですか?

そのメールの差出人は、『プロダクトローンチ・フォーミュラ(以下、PLF)』を学び、実践している人かもしれません。
PLFとは、顧客および見込み客のEメールアドレスのリストを利用し、顧客との良好な関係を築きながら、強引な売り込みなど一切せず、顧客側から「ぜひ、売ってほしい!」と言ってもらえるインターネットマーケティングの手法のことです。

PLFの生みの親、ジェフ・ウォーカー氏の書籍『ザ・ローンチ』は、PLFの全容が丁寧に分かりやすく説明されており、読者はすぐに実践が可能です。



顧客との良好な関係を築く手法としては、
見込み客にやかましく訴えかけるくらいなら、カンバセーションに引き込んだほうが得策
であると説き、質問を投げかけることでカンバセーションのきっかけを作る方法を紹介しています。

質問の内容は
いちばん知りたいことを尋ねる
のが一番いいとのこと。そうすることで顧客や見込み客の要望に応えるだけでなく市場ニーズにマッチした素晴らしい商品開発にもつながります。



ローンチのシーケンス(手順)は、①プリ・プリローンチ、②プリローンチ、③ローンチ、④ポストローンチの4段階に分けられ、②プリローンチの段階では、
価値あるコンテンツを提供する必要
があり、
プリローンチ・シーケンスをとおして、見込み客に”本当の価値を届ける”ことが重要である。
プリローンチで「おいしい話」をたくさん売り込んでしまうのは心配だという声をよく耳にする。内容を明かし過ぎると、見込み客が商品を購入する必要性を感じなくなるのではないかと不安だという。しかし、…むしろ、質の高いコンテンツを十分に提供しないことのほうが心配だ。
と述べています。

まだお金を払ってもいない大勢の見込み客に対して、自分の知識を惜しみなく披露し、信頼と信用を勝ち取る必要性を何度も伝えています。


この文章を呼んで、西野亮廣さんの『革命のファンファーレ』を思い出しました。
信用を貯金しろ
西野さんも著書『えんとつ町のプペル』を全ページネットで公開し、大きな反響を受けました。
これ以上ない、最高の価値を提供しています。



世界屈指のインターネットマーケティングの第一人者のジェフ氏(ジェフ氏は否定していますが)と、打倒ディズニーを目指しクラウドファンディングやソーシャルメディアで革命を起こしている西野さんがほとんど同じことを実践しているのは、とても興味深いです。


さて、そもそもPLFを実践するためにはリストが必要なのですが、新しく事業を立ち上げるときには顧客はもちろんのこと、見込み客のリストさえないのが現状です。
そんなビジネス初心者には、シードローンチと言ってシード(種)を蒔くためのローンチ手法があります。このシードローンチは
優れた商品の開発と市場への参入を目的としているのであって、金儲けではない
とし、その後何度も繰り返されるローンチへのスタートを切るための戦術です。

この本には、他にも一気にリストを構築するためのJV(ジョイントベンチャー)ローンチや起業の心得についても書かれています。


コモディティ化している商品を販売している業種の人以外なら、この本を読み実践することでビジネスが軌道に乗る確率は格段にあがるでしょう。