学生時代から海外とか英語が話せるってことに憧れを持っていました。
 
だから、知り合いが海外で働いてたり、
旅行してたり、英語ペラペラだったりすると、
羨ましいです。
 
そっちの道を真剣に選ばなかった、
選べなかった自分が原因なんだけど、
やっぱり羨ましいです。
 
でも、この前、友だちと後輩が家に遊びに来てくれて、あることがあって、 
あ、私って、望んだもの、手に入ってたんだ!って思いました。
 
あることってなんなのか説明すると
うちでは日常の風景みたいなもんなんだけど、
 
旦那さんが体はって、息子を笑かすんです。
 
裸で踊ったり、
特別広くもないリビングをダッシュしたり、
シュッとか、ビューンとか、
声出しながら体動かすと、
息子めっちゃ笑うんです。
 
「0歳児ってこんな笑うんかい!」
っていうぐらい、ケラケラ笑うんです。
で、私はその息子の笑い方が可愛くって、面白くって、息子以上に爆笑します。
 
その日も「いつものやって」って私が旦那さんにリクエストしたら、
サークル仲間の手前、いつもより控えめに、旦那さんが息子を笑かし出したんです。
それでも、息子にはめっちゃ面白かったらしく、ケラケラ笑いだして、私も爆笑。
10分くらいは息子も私も笑ってたと思います。
 
はー、面白かった。って思ったら、
後輩がうっすら涙を浮かべて神妙な面持ちでいるんです。
何泣いてんの?って思ったら、
こんな世界があるとは思いませんでした」って、後輩が言うんです。
 
なんか、よっぽど幸せに見えたんでしょうね。
普通だよってその場では思いました。
 
でも、よくよく思えば、結婚して息子ができて、毎日ちょっとしたことで笑って、
これってずっと私が求めてたものだったってことに気づいたんです。
 
私、(私の話ばかりでごめんなさい笑)中学生の時から、
結婚願望がやけに強かったんですね。
 
24歳くらいで結婚したい。子どもは2人くらい。
そう公言していたし、高校生の時も、付き合う付き合わないとかじゃなくて、
結婚できるできないで異性を見てましたね。
 
だから、第一志望の大学に落ちても
「女は学歴が高すぎると結婚できないから良かったね」って言われたら納得できたし、
(今は学歴が高ければ、学歴の高い人と結婚すればいいと思ってるので、この発言はどうなんだ?)
就職活動の時も「この会社で5年後どんな働き方をしたいですか?」って聞かれても、
内心「5年後は結婚して福井に行ってますね」って思ってたし。

つまりは、何が言いたいかって言えば、
1番望んでた幸せな家庭ってのを、私はちゃーんと手に入れてたんだなってことです。
 
バリバリキャリア積んでる子もいるし、
好きなだけ学問極めてる子もいるし、
友だちと海外旅行&美味しいもの三昧の子もいる。
羨ましいですよ。笑
 
でも、私が1番望んでた暮らしは、今の暮らし。
 
仕事でも、
学校でも、
旅行でも、
遊びでもなく、
私は家庭。
 
自分の幸せの目盛りはそれが基準。
 
ただ、人って何か手に入ると、また別の何かが欲しくなるようで、
今度は、仕事を充実させたいです。
もちろん、私の1番大事な家庭を犠牲にしない働き方をしたいです。
家庭を犠牲にしちゃったら、きっと幸せって思えなくなっちゃうから。
 
自分が何を1番大切にしたいのか、
それを自覚するのって以外と難しいんだけど、
自覚したらそれがちゃんと側にあって、人が羨むものだったりするんですよね。